The DAO の事件から見るプログラムが読める人の需要

カテゴリー :Blockchain

2016-06-18 コードだけで$164,400,000集めたすげー仕組みThe DAOなんですけど、なんと$55,000,000をハッカーに盗み出される(完全にではない)事件が発生しました。

暗号通貨が、一般的に使われるようになって、社会の教科書とかに出てくるだろうなというレベルなんじゃないかと私は考えています。

この事件、かなり面白いことになっています。(自分も被害者だったりするんですけどね)

報道と動向

Wall Street Journalは、19日付でこの事件を一面で取り上げたようです。

Fund Based on Digital Currency Ethereum to Wind Down After Alleged Hack

http://www.wsj.com/articles/investment-fund-based-on-digital-currency-to-wind-down-after-alleged-hack-1466175033

日本でも19日に Yahoo News でも取り上げられたようです。

仮想通貨「イーサ」、52億円相当が不正送金 米紙報道

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00000021-jij_afp-int

海外で報道があったことを伝えています。また、日本の報道記事を読んでみると、

イーサリアム・プロジェクトのコードに脆弱(ぜいじゃく)性があると指摘する声が上がっていたと伝えている。

と間違った報道がなされています。

Ethereum(イーサリアム) 上のアプリケーション Dapp はチューリング完全なので、理論上ありとあらゆるアプリケーションを作成することができるはずです。

制約も何もないのにプログラムなのですから、脆弱性は、実行環境の Ethereum にあったのではなく、Dapps の方に存在していたいうのが正しい解釈となります。

細かく説明するとDapps – The DAO が提供する split のコントラクト(契約)に送金の再帰呼び出しが可能となる脆弱性があり、The DAO内にプールされている eth が継続的に Attacker の手元に移動した事になります。

また、今回の The DAO の問題に対し、 Ethereum がハードフォークを行い解決を行うという提案も出さて、大混乱となっています。

その辺りのお話は、以下のサイトを読んでもらえるといいかと思います。

「The DAO」へのハッキングにみるブロックチェーンの堅牢性と今後の課題

http://japan.zdnet.com/article/35084466/

The DAOへの攻撃によりETH採掘者たちに突然突き付けられた決断

http://www.jpbitcoinblog.info/

これから必要となる、コードを正しく読める人

事件の流れなどは、たくさんのニュースサイトや、ブログで報じられているので、私は、この時間の考察をしてみたいと思います。

今回の The DAO の事件で、Ethereum 側からのハードフォークの提案がでた理由のひとつとして、一般の投資家が多く投資にあたり、その危険性を認識している人が少なかったという理由が上げられています。

お世話になっている @tetsuo_jpさんがこのようなツイートしていました。

新しい時代のシステムについて、システム内で起きた失敗をシステムを書き換えることで補なっていては、システム化する意味がありません。

時代が変わり、新しいシステムが出てきたのでから、それを正しく理解するための努力をすることがこれから求められるように感じます。

失敗した理由を、自分たちがビギナーだったから、初の試みだからと言うのは、言い訳でしかないように思います。

全員が、プログラムを理解できる必要は、必ずしもないと思います。しかし、分からないから、分かる人に頼って判断を委ねる、そこまですべきであるように感じました。

自分も今回、少額ですが投資して、身を持って、学びました。