Chromebook国内販売始まった!ユーザが語る買う前にちょっと知ってほしいこと1

カテゴリー :Chromebook

2014年11月GoogleがついにChromebookの日本国内コンシューマ向けの販売を開始することを発表しました。

11月11日のAcerC720を皮切りにDell 15Q31,15Q32が各オンラインストア家電量販店で購入可能となりました。

そこで今回はAcerC720を3月に輸入購入した私がChromebookを買う前にしておいてほしいことをまとめておきたいと思います。

Chromebook ストア(Amazon.co.jp)

http://www.amazon.co.jp/b/?node=3356091051&tag=himoki112233-22

国内販売されてけど高くないこれ?

最初の話題は購入の際に一番気になる値段の話です。

国内販売のAcerC720はこちら

3万円超えの値段となっています。

Amazon.com(アメリカ)を覗くと

201411161723246258

AcerC720の一番安価なモデルは$199という値段になっています。

「Chromebookは安い,2万で買える」といったWeb上の記事でかなり書かれていこともあり,国内コンシューマ向け販売価格に対して疑問を覚えた方も少なく無いと思います。

確かに,$199なら大体2万というのもうなずけますが,何故日本国内モデルは3万超えの値段設定になったのか

この疑問の答えは国内販売の市場の大きさがまだわからないという点にあります。

Amazon.comのC720をよく見るとかなり多くのスペックが異なるモデルが存在します。

簡単に書き並べると(タッチパネル仕様のものは型番が違うので省略)

  • RAM2G Storage16GB CPU intelCeleron モデル $199
  • RAM2G Storage32GB CPU intelCeleron モデル $249
  • RAM4G Storage16GB CPU intelCeleron モデル $320
  • RAM4G Storage32GB CPU intelCorei3 モデル $349
  • RAM4G Storage32GB CPU intelCorei3 モデル $349
  • …(まだあるかも)

なんかすごい多いです。アメリカではChromebook発売の反響が大きくすごく売れたみたいです。そのおかげで色々なニーズが生まれました。

とにかく安いのが欲しいちょっとぐらいはお金出すからせめてRAMは4Gほしい、などなど

市場が大きくなれば、たくさんモデルを出しての買ってくれるユーザが居るので、いろいろな機種を発売してそれぞれのニーズに答える形になりました。

その結果最安価が$199というわけです。

しかし、国内販売では日本でのChromebookの市場規模が現在分かりません、つまり、安価なモデルを生産して発売してもぜんぜん売れない可能性も十分あるというわけです。

なので、とりあえずスペックで文句が出ないかつ手が出せないほど高価ではないRAM4G,Storage16GBのモデルでの販売を決めたのだと思います。

RAM4G,Storage16GBのモデルは$320なので日本円で3万超えになるのはうなずけると思います。

んで、一番言いたいことですが、とにかく安いモデルが買いたいという方は、少し待つと安いモデルでるかもねということです。

記事分割して次はストレージの話をしていきたいと思います.